販売職で25年。いろいろなお店を経験

銀座あけぼの スタッフ
“銀座あけぼの”ほど「お客様第一」を
徹底している会社は初めてでした。
CTさん 銀座あけぼの 上野KIOSK店勤務

「銀座あけぼののお菓子が好き」が、一番の理由

銀座あけぼのでパートとして働き始めて、4年目になります。きっかけは、前に勤めていた百貨店にあった店舗が会社の都合で閉店になったこと。ハローワークで次の仕事を探していたところ、銀座あけぼのの求人を見つけました。通勤が便利、家庭の事情で午前中は家にいたい私の都合に合った勤務時間が選べる。そこに、魅力を感じました。しかし、決め手となったのは「銀座あけぼの」だということ。私は銀座あけぼののお菓子が大好きなので、喜んで応募しました。
上野KIOSK店は駅ナカの店舗なのですが、私のように銀座あけぼののお菓子のファンである常連のお客様が多く、通勤の前後にご来店くださいます。朝は「おはよう」「いってきます」、帰りは「ただいま」。いつも立ち寄ってくださるので、家族のようです。そういうお客様は買う物も決まっているので、商品がご用意できているように気も配ります。
ターミナルとなる駅ですので多くのお客様が立ち寄ってくださりますが、初めてお寄りいただいた方にも「ここで買ってよかった」と思っていただけるような接客を心掛けています。年に1度か2度しか買わない方でも「おいしかったから、今年も買いにきたわ」とおっしゃっていただけると、すごく嬉しいです。
銀座あけぼの おもてなし
この仕事を選んで本当に良かったな、と。
自分が好きな銀座あけぼののお菓子をたくさんの方に親しんでいただき、おいしく召し上がっていただく。 ありがたいなと思いながら、毎日、お客様と接しています。

お客様第一。おもてなしの心のレベルの高さに感動

私は販売の仕事が好きで、もう25年ほどやっています。コンビニエンスストアから始まり、その後はフードサービスを中心に複数の会社で働きました。有名な老舗の日本料理店のテイクアウト部門で、店長職まで経験させていただいたこともあります。
そんな私ですが、銀座あけぼのの研修で「売ることが目的ではない。お客様に喜んでもらえればそれでいい。お客様に心を満たしてもらいたい」という考え方を聞き、ビックリしました。ここまでお客様第一、おもてなしの心を徹底している会社は初めてです。そして、パートスタッフとして働き始めて、それが掛け声だけではないことを改めて実感しています。
銀座あけぼのに入るまでは、正直、販売して売上が出ればそれでいいかなという思いがありました。銀座あけぼので「それじゃダメだ」と学ばせてもらいました。また、最初はできなかった包装を、皆さんに根気よく教えていただいてできるようになるとか、商品知識を増やしてお客様にアドバイスして喜んでいただけるようになるとか、50歳を過ぎた今でも、学べる、成長できることがたくさんあります。小さなことでもできるようになれば嬉しいし、その喜びの一つ一つの積み重ねが、「仕事していてよかった」という喜びにつながっていくのだと思っています。
銀座あけぼのは、そんなことが実感できる、素敵な職場です。
求人情報